ノーパンノーブラの羞恥プレイ!出会い系アプリで出会った30代女性との不倫体験談

羞恥プレイがOKな女性と不倫したいあなた!

女性と普通のプレイもよいですが、たまには自分の変態的な性癖を満たしてくれる女性と不倫するのもよいですよね。私はノーパンノーブラで街中を歩かせる羞恥プレイの性癖があるので、そんな女性と不倫してみたいのです。

しかしですね、そんな女性なんてなかなかいない…というか見つからないのが現実です。まあそりゃあそうで、そんな性癖なんてよっぽど親しくならない限り分からないですしね。

現に私の妻もそんな性癖には付き合ってくれませんでした。

しかし朗報があります、

 

私は出会い系アプリで30代の羞恥プレイOKな女性と不倫することに成功したのです!

 

いや~まさか私の羞恥プレイという変態的な性癖を、満たしてくれる女性と不倫できるとは思いませんでした。

今回はなんと、ノーパン・ノーブラで街中を歩いてくれました。いい歳した30代の女性が恥ずかしがりながら歩く姿はマジでヤバかったですwww

ということで今回は、出会い系アプリで出会った30代女性との不倫した体験談を紹介します。

 

出会いのきっかけは掲示板へのメールだった

ローターを遠隔操作されて喜ぶオンナには、幾度か遭遇してきた私ことペン・ルーン(52歳・バツイチ独身/古着ネット通販業)。

今回は、オモチャも使わずに「蔑んで喜ぶオンナ」と出会い系で知りあったエピソードを披露します。

メンタル面でイかせるのですから、逆に難しいのかも知れませんが心理戦も含めて楽しませてもらっています(関係は現在でも微速進行形なのです)!

 

相変わらず繁忙期知らず(笑)な我がショップに至っては、平穏な日々が続いているのでした。

どこぞの青年実業家のように自家用ジェットで芸能人とデートなどは、夢のまた夢といった所でしょうか。あまりにスケールが違いすぎて、笑うことすらできませんよ、とほほ。

そんな日常の心と股間の拠り所といえば、やはり私的には「出会い系アプリ」がしっくりとくるようです(ほかにもクルマやバイクといった、子供のような趣味はありますが…)。

 

今日の朝妻と喧嘩したということもあり、もう不倫する気満々です。もういちいちあの女はうるさいんですよね。

なので腹いせに変態女を蔑んで、滅茶苦茶楽しもうと思っています。もう女をけちょんけちょんにしてやりたいですね!

 

そんな理由で、その日も昼間から出会い系サイト「PCMAX」の女性側掲示板を自主パトロールに励んでいたのですよ。

 

私の場合はたいがい分類が「アダルト」で、その中でもさらに「既婚者」とか「ミドルエイジ」をカテゴリにしている女性から見ていくのが常です。

年齢が50を過ぎると、やはりお相手もある程度の年齢に達していた方が落ち着くというのが理由です。

 

今回は、そのカテに加えて同時に「アブノーマル」にもチェックを入れている女性を発見しました。

以前、ここのコラムで紹介した出会い系のオンナに「四駆内お漏らし」をされた事を思い出して「また、何かハプニングがあったら面白そう」と思ったのです。

 

その内容は、

 

年上の男性に『大人の雰囲気』を与えてもらいたい

 

と、人まかせな内容のメッセージ。可もなく不可もなくといったモノでした。

 

ただ、よく見ると掲示板主の景子さん(仮名・32歳・専業主婦)は、ミドルエイジを選択していながら32歳です。

まあ運営側のモデルケースでは利用は40代~60代と記されているので、このカテゴリ利用の平均年齢よりも若いのは確かです。

私は勝手に「大人の世界に憧れて『背伸び』してるのかな」と思いました。

でも私自身を例にとると、男は年齢ばかり重ねて、いつまでもですからね。その期待に応えられるかどうかが、少し不安だったのも正直な所です。

 

同年代の夫はもの足りないので不倫する

私が掲示板を見てからメールを送った景子さんは、人妻ながら、やはり少々のファザコン気味でした。

大学2年の時に出席した合コンで、たまたま隣り合った同学年の男性と何となく交際。そのまま就職してからもつきあいは続いて25歳の時に結婚したんだとか。

 

景子「そろそろ同僚も寿退社をはじめていた頃だったので、深く考えずに彼にプロポーズされてめでたくゴールインよ(自虐笑)

 

私「もっと遊べば良かったのにね。まだまだ、落ち着く年齢じゃなかったでしょう。勿体ないなぁ」

 

景子「母の時代がバブルの“イケイケ”だったから、ペンさんと同じ事を言ってたわ(笑)」

 

それでも、まじめにサラリーマンをやっている彼氏ならば「浮気もしないし、いいだろう」と思って結婚して退社。婿養子にこそならなかったものの、妻の実家の敷地内に離れを建ててもらい、そこで暮らしているみたいです。

 

彼女にとっては3人目の男性と、経験が少なかったので疑問にも思わなかったらしいのです。ただ、どうやらご主人は「淡白」な様子でした。

景子さんが、それに気づいたのは最近の事。

学生時代の女友達とたまに開く“元・女子会”で気づいたらしいのでした。ほかの御学友たちは既婚・未婚を問わずに結構「お盛ん」で、セックスについて赤裸々に話す彼女たちを見ていてショックを受けたようです。

 

「子供が産まれて回数は減ったけど、無理矢理シューイチでヤらせてるわよ」

「“疲れてる”しか言わないから、頭にきてしゃぶって勃たせて自分から上になって入れちゃう」

等々。

熟女になるにしたがって、エロ・トークも露骨になってくるから端から聞いている時分には面白いですね。

 

ところが、そんな下ネタが景子さんには切実だったようです。

自分の両親を見ると、父が母よりも20歳近く年上で会話が少なくて仲がいいんだか悪いんだか分からかったと回想していました。

それで自分の夫になる人は「絶対に同年代!」と決めていたそうなんですが…。

 

景子「夫が子供っぽく見えちゃうんですよね。セックスも正常位だけで、自分が発射したら『はい、おしまい』って感じであっけなくて

 

その事を母親に話す(母娘の会話って生々しいんですゾ)と「だから、夫にするなら『年上の方がいいよ』って言ったじゃないの!」って、この御母堂もいい味を出してますよね。

 

閑話休題。

要するに、お母様は「遊びと結婚は別」という事を言いたかったのでしょう。それには、娘・景子も納得、そして出会い系へ走るようになったのです。

 

正直なところ、まだ子供もいないので「旦那とイチャイチャ」して過ごしたかったらしいのですが、出会い系を覚えてからは“セックスは外で”という意識に変わっていったみたいです。

 

大宮駅での初デートを約束

こうして、サイト内のメールのやり取りから親密さを増していきました。

彼女にとっては、母親の「年上のオトコも面白いわよ」という言葉が耳に残っていて、それで上記のようなメッセージを発したのかも知れませんね。

 

私を選んだのも、「条件通りにだいぶ年上(実際には20歳も違っていた!)だった事と比較的自由に時間を作ってくれそうだったから」。

 

ヴィジュアル的には、私のプロフ写真は山と四駆をバックにテンガロンハットを目深にかぶった、偽アウトドア野郎だったので、全くあてにはなりません。

景子さんも「写真はワケが分かんないから、メールのノリだけで選んだ」とのちに言っていましたよ(爆)。

 

それで二人は初秋の頃の夕方に会う約束をしました。「埼玉」エリア同士なので、待ち合わせは大宮駅前(さいたま市)です。

 

初デートは居酒屋へ行きトイレで下着を脱がせて羞恥プレイ

初デート当日、私は待ち合わせの14時前には大宮駅に到着しておりました。

するとすぐに景子さんが到着しました。

彼女はブラック・ジーンズにメロン色のシャツの襟を立てた着こなしで現れました。

昔の画像を見て加賀まりこサンの若い頃を意識してみました

と笑っています。

体型はやややせ型で、胸も尻も張っていません。良く言えば若々しい感じでしたね。お顔の方は池澤夏子に似ています。好みの問題はありますが、愛嬌があって可愛らしいです。

 

その景子さんは最初のメッセージから「大人の雰囲気」を所望していたので、私には考えがありました。まずは居酒屋からスタートしたのは、普通のデートと変わらないのですが酔が廻ってきたあたりでひとつの提案をしてみたのです。

 

私「景子さんはスタイルがいいんだから、もっと皆に見せてあげなきゃダメだよ」

 

景子「えっ、どういう事!?」

 

私「ここのトイレでさぁ、ブラとパンティを脱いじゃいなよ

 

景子「えぇぇ~?」         

 

彼女は驚いたでしょうねぇ。初めてのデートで、こんな事を要求されるとは思ってもいなかったでしょう。

 

私は、この作戦のために広いホールでなおかつトイレがキレイな店をセレクトしておいたのでした。

彼女はビックリしながらも、私が「さっ、早く早く!」とせき立てるように促すと渋々といった感じでトイレへ向かいました。その途中も、私たちのテーブルを何度も振り返っています。

 

「お待たせしました」

うつ向いた彼女は席に戻ってきました。

「どれどれ」と私はホントに脱いだのかを確かめるために、彼女のカバンを覗き込みます。そこには、きちんとたたまれたブラウンのパンティと同色のブラが入っていました。これで、今の彼女は下着ナシ状態というわけです。

 

ところが店内は薄暗いので、せっかくの彼女の勇気が形になって見えません。そこで「じゃぁ、次に行きますよ」と勘定を済ませた私はスタスタと外を歩き出して行きました。

そろそろ秋か、という頃でしたがまだ5時前なので十分な明るさです。彼女の尻の食い込みやノーブラで形がクッキリと出ている乳房や乳首に視線を当てる通行人も多いです。

 

「ほら、歩いてる人が結構オッパイと尻の辺を見てるでしょ?」

というと彼女は顔を赤らめながら

 

恥ずかしい…

 

と漏らすのが精一杯。

私はさらに辱めるために、居酒屋から近い高島屋デパートに入りました。

デパ地下は買い物女性でいっぱいなのは分かっていましたが、それでは面白くないので書店へと連れて行きます。ここでは、男子学生の遠慮ない視線や中年男性の舐めるような視線を浴びて彼女はしゃがみ込みそうになりながら何かを訴えています。

 

景子「きょうは、これくらいで勘弁してください。恥ずかし過ぎておかしくなりそう。何でもしますから、許してください

 

羞恥プレイの影響でラブホでギンギンセックス!

そのデパートから大通りを渡った裏手にあるラブホへインした二人は、言いようもない高揚感にとらわれていました。

ブラック・ジーンズだから目立たなかったものの、彼女の股間のトライアングル恥帯は愛液でグッショリと毛とクレバスが濡れています。

 

景子「いつも、こんな風に虐めて遊んでいるんですか?

 

私「大人のデートだからって、優雅なモノとは限らないんだよ。止める?」

 

このままでイイから、大人のオチンチンを好きな格好で入れてくださいっ!

 

と彼女がキスの途中で身を任せてきたので、私は取り敢えずジーンズを足首まで降ろしただけでバックから挿入しました。

私とて、いつもいつもこんなシチュエーションでセックスを楽しんでいるわけではないので、大興奮モノ。ボタンだけ外したブラウスの下で硬くなっているピンク色の乳首を、舐めたりこねくり廻したりしながら、一発目を背中にぶちまけたのでした。

 

彼女はオッパイと尻は未発達でしたが、クリの方は十分に成熟していて敏感かつ肥大度が大きくて、存在自体が艶めかしいシロモノでしたね。

 

景子「オナニーのせいで、お豆ちゃんが大きくなったんだけど、きょうのはそれだけが原因じゃないみたいよ(笑)」

 

溜まりに溜まった彼女の欲望は、当然それだけではマン足できずに入浴後にもねだられます。正常位で入れようとすると

主人を思い出すから正常位はイヤ!違う体位で入れて!

と強く言うので、シックスナインからの騎乗位で好きに動かさせてみました。

これには、いたく感激したらしく

 

今度からペンさんとヤる時は、ワタシが上になるネ

 

と言ってご満悦のようでしたね。

 

もちろん、ノーパン・ノーブラでの街中散歩も継続中で体の線がピッタリと表れるワンピが意見一致の衣装ベスト・ワンです。これだと、痩せていてもムッチリと見えるのでやたらとそそられるんですよ。

 

以上、これが私流「大人の雰囲気デート」でした。

ただの露出狂を作り出したようにも思えますけど…。

 

景子さんは

もっとゴージャスなデートを期待していたのに…これじゃ、詐欺だ!

と笑っていました。

 

この後もこの変態女、ことあるごとに呼び出してはノーパン・ノーブラの露出プレイをさせております。う~ん良いセフレができたなぁw

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は出会い系アプリで出会った30代の女性に、ノーパン・ノーブラで町を歩かせた露出プレイをさせた体験談です。

それでは今回のまとめです。

  • 出会いのきっかけはPCMAXの掲示板へのメール
  • 30代女性は夫に不満が会って連絡してきた
  • 初デートの約束を取り付ける
  • 初デートの居酒屋でノーパン・ノーブラにして羞恥プレイ
  • 最後はラブホで燃え上がったセックス

となります。

今回の体験談を一言で言うと、

 

羞恥プレイをしたいのでしたら出会い系アプリで女性を探すのが一番です!

 

私も羞恥プレイが好きで色々と女性を探していました。でも全く見つからなんですよね。

しかし出会い系アプリを使うと違います。羞恥プレイOKな女性がかなりの確率で見つかるのです。ですので、羞恥プレイをしたいときは今回のように出会い系アプリを使うのが良いです。

そして、

出会い系アプリでも特にPCMAXがおすすめです!

私は色々な出会い系アプリを使ってきました。

ワクワクメールやハッピーメール、YYCなどです。その中でもやはりPCMAXはダントツで女性と会えます。やはりPCMAXの会員数1000万人以上は、伊達じゃないですね。

その証拠にどんな変態プレイで検索しても、女性は見つかりますからね(笑)

ですのでもしあなたが羞恥プレイをしたいのであれば、まずPCMAXで探してみてください。きっととんでもない変態女が見つかると思いますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください