40代主婦と簡単に出会える!出会い系アプリで熟女と不倫した体験談

40代の熟女主婦とセックスしたいあなた!

40代頃の女性って、ほどよい肉付き、ほどよい色気がしてたまらないですよね。私も50代になって初めてその素晴らしさに気づきましたよ。それ以来、ずっとセックスするのなら40代の熟女と決めております(なんだそりゃ)

ということで今回は、

 

40代熟女主婦を出会い系で見つけてセックスした体験談をお話しします!

 

いや~なかなかリアルでは主婦なんて見つからないですからね。そのため、今回も出会い系を使って探してみたのです。

まあ不倫や浮気の部類になってしまいますが、そこは妻への背徳感を楽しみましょう。

ということで、今回のお話を始めます。

 

出会い系アプリで40代熟女を発見

私の店はアメカジがメインなので、実は季節に関係なく繁盛しています。逆を言えば通年で、ピークを迎える事もなく“大儲け”には縁がない、というわけです。

一応、夏モノのセールを終わらせて盛夏モノにも力を注ぎたい所なんだけどもTシャツやショートパンツでは単価的には美味しくないわけですよ。

 

それで、外は雨だし私(ペン・ルーン/52歳)は出会い系アプリにメッセージを残しつつ、「ゴールド・フィンガー」(I.フレミング)を読み返していたのでした。商売の方は「今は動く時ではない!」なんて、古参のパートさんに訓示を垂れてです。

つまり、ヤル気と信憑性が全くない言葉を、いつものように一席ぶっていたんですよね。

 

で、こまごまとしたネット受注はパートさんにまかせて、私は気楽な社長業を邁進していたのでした。

 

読書とともに並行していた出会い系アプリの「ハッピーメール」には、

 

「雨は降っていますが、ジメジメとしていて暑いですよね。この時期はヒマなので昼でも夜でも時間があります。暑気&雨期払いにデートでもしませんか?方法はオマカセしますよ(笑)。ただ、ある程度の年輪を重ねた女性がいいな。私がオジサンなので…」。

 

本当は、会う時間帯を昼間に絞って「もろ熟女・主婦狙い」といきたい所です。

ただし、女性側にも私と同じように掲示板を自主パトロールしている暇人(スキモノ)がいますので、毎回「昼間に~」とやっていたら存在そのものがバレバレになってしまう恐れがあります。

 

別段、業者やAVのスカウトや盗撮マニアではないのですが、5○hなどの巨大掲示板で悪意のあるカキコでもされたら、目も当てられません。それで私は、対象を分散させているのでした。さらにハッピーメール以外のアプリも使っての分散も計るという、念の入れ方も実行していました。

 

自主パトロールはこっちが本家だぜw

家にいながらにして、遊び相手を探せるのが利点の出会い系サイト・アプリ。このシステムは私にはピッタリだと勝手に思い込んでいます。

その中で、この女性側掲示板を見て廻る「自主パトロール」は何度でも書きますが、出会い系で遊ぶ上での重要な行動と言ってもいいです。

 

ビギナーなら操作にも慣れてくるし、常連女性の動向も掴めますからね。とにかく、通勤途中でもいつでもいいので、やってみる事をオススメします。ですから私は、毎日のように女性側の掲示板を見て廻るのが日課のようになっているのです(笑笑)。

 

熟女・主婦狙いだけではない?

今回はメッセージに「年輪を重ねた~」というキーワードを入れてはいましたが、あからさまな昼間の熟女・主婦狙いではない、という点を匂わせておきました。

どの道、夏休みなので主婦の昼間の外出は限られてくるだろうし「たまにはスーツを決めた『熟年キャリアOL』ともシッポリしたい」という思いもあったのです。

 

エリアは「埼玉」で、「大人の掲示板」の掲示板で。カテゴリーは「大人の出会い」と「ミドルエイジ/シニア」のふたつを選んでおきました。

 

こようなメッセの場合は、すぐに返信が来ることは珍らしいので私は仕事をしつつ読書を続けつつ(←いい加減、仕事しろw)レスを待ちました。

 

セレブ風な熟女をゲットする

そんな中で狙いを絞ったのが和子さん(仮名・44歳・専業主婦)でした。

数少ない返信の中から、脈アリな感じがしたので私もメールを返してみたのです。

 

和子「春日部(埼玉県)になら、いつでも午後3時くらいには着きますよ。地元だと人目を気にして羽を伸ばせないから(笑)。危ない人じゃないですよね?」

 

私「安全というか安パイですよ。嫌がる行為はしない主義ですから。クルマがいいですか、電車で行った方がいいですか?」

 

和子「駅前をウロウロしている姿を、万が一にも見られたくないからクルマで来てくださる?」

 

こんな感じで話しはサクッとまとまってしまいました。返信は遅かったですが、一度つながると熟女は話しが早いのがイイですね。私は出荷をパートさんにまかせて、愛車のボルボ・ワゴンを春日部駅へ向けたのでした。

 

普段は着ない観賞用の赤いキャミソールの熟女

約束の東口ロータリーに到着すると、彼女はすでに待っていて、

 

「はじめまして。誰に見られているか分からないから早くクルマを出してください」

 

と右側の助手席に座ると早口でまくし立てました。

 

和子さんは身長が165cmとやや高めで、「全身にうっすらと肉がついてきちゃった」(本人談)わりにはスレンダーでスタイルは良い方でしたねぇ。

バストは小さめだけどヒップは大きく、抱き心地の良さそうなボディをしていました。

お顔の方は元タカラジェンヌの紫吹 淳みたいな能面顔をしていたのが印象的(実はアノ手の「能面顔」は、好みなんでよ)でした。

 

「会う」というだけで、とりたててどこに行くとも決めてはいなかったのですが、何食わぬ顔で助手席に収まっているという事は…。

すでに、その気だという事が伺えますよね。

 

「失礼!」

 

私はギヤを変える振りをして右手を伸ばして、彼女の内モモを撫でると、

 

あらっ!!

 

と言いながら、彼女はそのまま私の手を押さえ込んで両モモで挟みこんできました。

 

「久しぶりに他人に触られて、もう湿ってるでしょ?ホテルへ入っちゃいましょうよ」

 

そのまま駅チカの神社そばのラブホへ速攻インすると、彼女は我慢できないようにベージュのスーツ上下とストッキングを脱ぎ捨てました。

 

私「エロい下着だね。よく似合ってるよ」

 

和子「今日のはねぇ、全部海外からの通販なの。お店じゃ恥ずかしくて買えないわよ

 

彼女はキャミソールとブラジャー、パンティを赤で統一していました。誇らしく胸を張り、貧乳を大きくみせようとポーズを取っていたのがかわいいです。

 

「主人には内緒の下着だから、いつもは引き出しの奥に隠してるの(笑)」

 

そのまま熱いディープキスを交わしていきました。

 

赤の下着を外してまずはセックス1回戦

「まずは、このまま悪戯をして…」

 

と笑いながら彼女は、私のボクサーパンツをズリ落として、半勃ち状態のチンコを咥えはじめてきました。

 

私はそのままベッドに倒されて、全裸に剥かれます。そして、そのまま口と手を使った愛撫の欧州です。

 

私「脱がすには勿体ないから、赤いキャミのまま弄りまわすよ」

 

和子「あんっ! いいわよぉ~、アソコの中をメチャメチャにかき回してぇぇぇ

 

私はキャミはそのままにして、ブラは捲りあげて乳首だけを重点的に舐めはじめました。同時に布地面積の極端に小さいパンティも脱がさずに、横にずらしたままクリからマンコの内壁までを指でかきまわしていったのです。

 

和子「このままシてもいいんだけど、お風呂に入ってからじっくり遊びましょうよ」

 

そうして二人して入浴したあとは、いよいよホンバンです。

 

早くホンモノを入れてよ~、お願いだからチンコ入れてぇ~.いっぱい、入れてぇぇぇ~

 

と和子さんが叫ぶので、ゴムを素早く装着して「即マン」へ。

私は、せっかくなので風呂上りにもキャミ+ブラ・パン姿にさせていました。

その赤いパンティのサイドの隙間からの“横入れ”が効いているみたいだったのは言うまでもありません。正常位と測位の中間スタイルで、彼女のマンコを突き上げていくと声を殺しながら体を震わせています。

 

和子「あぁぁ~、あっあっ。ごめんなさい、先にイきますぅっっ」

 

彼女の痙攣に合わせて私はチンコを抜いて、私はゴムを取って空中に精子を放ちました。

 

熟女との2回戦は騎乗位で!

凄く良かったわぁ。今度はワタシに動かせてぇぇ!

 

その口約束通りに、次は騎乗位で彼女が主導でした!好きなように腰を動かしています。

 

私に跨った姿勢の彼女は、スレンンダーなボディの腰のクビレを中心に体をクネクネとさせながら揺らしています。

 

その様子を下から見上げながら、私は両掌で尻頬を抱えたては揉みしだいたり、「ピシッ、ピシッ」とわざと音を立てながら叩いたりしていました。

そうされる事によって、和子さんの感度はさらに高まってきたようで、

 

ああ~、感じるぅぅぅ~。お股が溶けちゃうぅ~

 

と叫んでいます。

 

その声を聞かなくても、彼女が感じている様子はマンコの内部からワレ目を通って滴り落ちてくるラブジュースの量で私には分かっていました。

 

そのクネクネ状態が、今度は水平に私の体に密着してきます。しかし、デルタ全体はチンコを包み込んだままゆっくりと、そして時折激しく上下にピストンを繰り返していました。

 

和子「また、イかせてもらいますぅ!」

 

最後に大きくマンコを上下させたかと思うと、彼女は全く動かなくなって私に身を重ねたまま満足気に顔まで密着させていました。

 

和子「何か、凄い事になっちゃったみたい。ワタシたちって相性がいいのかなぁ」。

 

こうして2回戦も無事に終了しました。

 

寝ながら彼女の呟きを要約すれば「夫は再婚で17歳年上。私とはお見合いで結婚したのはいいけど、今はパパ活がお盛んなキャバ嬢にいれあげていて放置状態」なんだって。

そんな風にレス状態が続いているので、自分の性欲を解消するために「ハッピーメール」にログインしているんだとか。

 

やはり、「出会い系熟女」は、ヤル気マンマンです!!

 

「今度は、また違う下着を買っておくから楽しみにしてて」と暗に再会を約束させられてしまいましたよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は40代の熟女主婦と出会い系アプリで不倫した体験談を紹介しました。それでは今回のまとめです。

  • 出会い系アプリで40代熟女主婦を発見
  • 自主パトロールもやってみた
  • 熟女・主婦狙い以外もやってみた
  • セレブ風な熟女をゲットした!
  • 赤いキャミソール姿でやってきた熟女
  • 赤の下着を外してまずはセックス1回戦
  • 2回戦は熟女主婦の騎乗位

となります。

最後に私からひと言。

 

40代の熟女主婦とセックスしたいのでしたらハッピーメールをおすすめします!

 

今回私は、不倫がしたくて熟女の主婦を探しました。そしてリアルではなかなか出会えないので、出会い系アプリを利用して熟女を探したのです。

このように、熟女と不倫、浮気をしたい場合はやはり出会い系アプリを使うのをおすすめします。ちなみにですが、一番おすすめなのは、

ハッピーメールですね!

今前使ってみて、出会える率もダントツです。もしあなたが熟女と出会いたいと思っていたら、ハッピーメルを使ってみてください^^

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください